Yearly Archives: 2014

いつでも!どこでも!テレクラが出来る場所とは

■テレクラ専門のお店がある!

テレクラといえば、元祖出会い系サイトとでもいうことができるでしょうか。
今でこそ、インターネットや、個人で持っているケータイ電話からサービスを受けることができます。
しかし、元々は実店舗であることをご存じでしょうか?
首都圏やあるいは関東圏内であれば、まだまだテレクラの大手といわれるところは存在します。
「テレクラ」という看板が、恥ずかしげもなく、堂々と掲げてあるのです。
これは、地域性もあるでしょうが、一日に10万個ものティッシュを配って宣伝しているなど、それなりに売り上げがあって、大きく展開しているようです。
中は個室になっており、電話回線が用意されています。
相手からの電話を待っている間に、暇つぶしができるように、DVDや雑誌が備え付けられているところがほとんどです。
その雰囲気は、さながらインターネットカフェのようですから、あらかじめ確認しておくことをお勧めします。
地方から出てきた人は緊張するかもしれませんが、料金体系も、インターネットカフェとさほど変わりません。
ケータイ電話ではいまいち利用の仕方が分からない、家族プランに入っていて家族には利用を知られたくない、出張ついでに地元のコと出会いたい……。
そんなときには、一度テレクラのお店を利用してみることをお勧めします。
風俗店とは違いますので、たくさんお金がかかるわけではありません。
しかも、地域によってはと書きましたが、風俗のようにお店の立地に特徴があるわけではありませんから、出入りで恥ずかしい思いをせずに済むのではないでしょうか。
ちょっとアダルトなところで遊んでみたい、と思っている人のデビューとしてはテレクラが良いかもしれません。

■自宅などいつでもどこでも、地域も関係なし!

一方で、先にも書きましたが、インターネットサイトを通してテレクラを利用できるサービスが格段に広がっています。
ちょっと検索すると、たくさんのきれいに整備されたテレクラサイトが出てくるのではないでしょうか。
目的もピンポイントでたくさん設定してありますので、自分で相手を探す手間を省くことができます。
また、ケータイ電話を利用すれば、文字通りいつでもどこでも利用することができるのです。
お店によっては、営業時間が設定されている場合がありますが、ほとんどが24時間いつでも利用可能となっています。
夜の時間はもとより、お昼の時間でも、ちょっと出先に……ということも可能です。
「こんな時間に誰が電話に出てくれるの?」と思うかもしれませんが、意外と電話を待っている人は多いものなのです。
今は、働き方が多様化している時代で、人の休みもさまざまになっています。
あなたと時間帯がピッタリ合う人が見つけられることができれば、それこそ楽しい日常の始まりではないでしょうか。
また、住んでいる地域が地方で、出会い系サイトでもなかなかいい人を見つけることができないという人も、テレクラにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
地域別に番号を振られているところもあり、実際に会うことを目的としているのであれば、この機能を利用しない手はありません。
段階を踏まなくても、効率よく近所で会うことができるでしょう。
実際に喋ることで方言などを感じることができるかもしれませんし、はじめのうちは緊張していても、身近なことで共通の話題を見つけることができれば、すぐに打ち解けることができるかもしれません。
電話だけの関わりといっても、意外とすぐに出会うことは夢ではないかもしれれない……ここが、テレクラがまだまだ利用される理由ではないでしょうか。

■実店舗と無店舗の利点や欠点

実店舗と、電話だけの無店舗のテレクラ、どちらが利用しやすいでしょうか。
いつでもどこでも、ケータイ電話があれば利用できるとはいえ、ケータイ電話を利用する場所さえ確保するのが難しいという人もいらっしゃるでしょう。
家族と住んでいる、仕事の拘束時間が長い……などです。
そんな時には、実店舗がおすすめです。
時間さえ取ることができれば、あとは個室で思う存分に電話を楽しむことができます。
相手の電話番号が手に入れば、あとは個人的に連絡を取ればいいのですから。
それに、実店舗の場合には、料金が細かく設定されているので、システムが分かりづらいということがありません。
自分一人では不安であるという場合、まずは初めの一歩として利用することもおすすめです。
一方で、無店舗型の場合には、余計な手続きをする必要が極力少ないようになっています。
アナウンスや、仲介など第三者を通す必要がありません。
場所を選ばないというのも、最大のポイントでしょう。
例えば、仕事中でもお昼休みの時間は一人になるとか、営業で一人で行動するときが多いというときには、チャンスではないでしょうか。
サボるまではいきませんが、ちょっとした息抜きには最適です。
ぜひ、ご自分のライフスタイルに合ったテレクラライフを見つけてみてくださいね。

ツーショットで楽しむテレクラの魅力

テレクラの魅力の一つに、相手とツーショットで出来るという点もあります。リアルの出会いを考えた場合、初対面の相手といきなり二人で何かをするという事はあまり考えられません。しかしテレクラはツーショットでのやり取りが可能であり、それでこれからの出会いが決まって行くと言っても過言ではありません。ではテレクラでツーショットをおこなうメリットについてお話していきたいと思います。

・より密の関係が築ける
ツーショットでのやり取りだと、より自分をさらけ出す事で相手に自分の事を知ってもらい、また逆に、相手の事も知る事が出来るという事が挙げられます。二人だと「喋る」か「喋ってもらう」かに限定されるので、あまり意味のない事でも話してしまい、それがその人の情報として相手に伝わるのです。

・いつもより積極的になれる
また、他人の眼が気になるという方が、ツーショットのテレクラだと積極的になれるといったメリットも存在しています。思いっきり口説きたい時、エッチな関係を築きたいなど、当事者以外に知られたくないやり取りがテレクラでは可能なのです。

■女の子が考えるツーショット

女の子がツーショットでテレクラをする際はとても緊張している事が多々あります。男性とは違い、やはり、テレクラであっても、命令口調や罵声を浴びせられるという可能性もあるため、緊張しているものなのだそうです。そういった気持ちがあるのを理解して、女の子には優しく接するようにしましょう。せっかくのツーショットのチャンスなので、そのメリットを逃さないように、しっかりと女の子の事を考えた対応をするようにしましょう。

女性もテレクラを利用してみましょう

今、テレクラには注目が集まり、男性の利用者はますます増えてきています。しかし、男性ばかりでなく女性の利用者も増えてきています。もし、女性のみなさんでテレクラを利用したことがない人ならば、ぜひ利用を考えてみませんか。

女性の方がテレクラを利用するにあたって、メリットも多くあります。それを受けてみるのも楽しいものです。女性にとって、テレクラを利用するのは恥ずかしくはありません。テレクラのほうが男性の声を聞けるので、男性のことがわかり出会いを真剣に考えられます。時にはそこからお付き合いも可能でしょう。恋人探しにも利用できます。

また、セックスがしたい、不倫相手を探しているという時にもテレクラは有効です。テレクラのほうが出会い系サイトよりも出会いまでの段取りが早く進みやすいです。電話して話せるのでどんな男性かも把握でき、会いやすいなんてこともあります。男性もセックスを求めているので女性からしても相手を探しやすいでしょう。
他にも話を聞いてほしい、相談に乗ってほしいときにも使えます。男性も話を聞く姿勢でいますから、話がしやすいです。話を聞いてもらってお礼に会うなんてしてあげるのもいいでしょう。
テレクラだと男性がより女性を大事に扱ってくれるでしょうから、それを楽しむのもいいかもしれません。

テレフォンセックスを楽しんでみよう

あなたは、テレフォンセックスをしたことがありますか。経験したことのある人は男性でも女性でも少ないでしょう。いくら恋人や夫婦でも、やはり女性が恥ずかしがってしないでしょう。男性というと、以外に興味があったり、いざテレフォンセックスを始めるとすごくノリがいいということは珍しくありません。

テレフォンセックスは一般的にはハードルが高いですが、テレクラでは低くなりがちです。テレクラでのテレフォンセックスの体験談も多く、またテレクラならではの事として強くアピールされています。女性と出会いが難しくても、よかったらテレフォンセックスしてみないと誘ってみましょう。会えないのであればおそらく、もうその女性と繋がることはありません。それで見過ごすのはもったいないです。ぜひ最後の楽しむチャンスとして誘ってみましょう。

今までしたことないから、やり方がわからないというのであれば、まずは質問から初めてみましょう。下着から好きな体位や変わったエッチの経験あるかなど聞いてみましょう。聞いているうちにだんだんとあなたも女性もエッチな気分になります。すると、自然にいろいろと頭にしてみたいことが浮かびます。あとは素直にそれをやればテレフォンセックスになっていくのです。恥ずかしがらずにチャレンジしてみてください。

女性からの電話を待つだけではない今どきのテレクラ

出会いを求めるにはテレクラを利用した方がいいという専らの評判です。
出会い系サイトは一頃かなりのにぎわいを見せていたが、最近はサクラが横行して本物と出会うことが少なくなったため、ユーザーはそこから離れまたテレクラに戻っているようです。
テレクラの人気が回復しているのは無店舗型ができたことが要因で、今では多くの男達は仕事が終わると早めに家に帰りテレクラへ電話して楽しんでいると言います。しかし、独身者はともかく既婚者は家に買っても奥さんや子供がいてはテレクラに電話をするわけにはいかないものです。
やはり従来通りのテレクラへ通うしかありません。
従来通りと言っても大手のリンリンハウスなど、店の設備とサービスが改善され利用しやすくなっています。個室もやや広く清潔になり、テレビはもちろんDVDを見ることもできます。
しかもクッションの柔らかいリクライニングシートやベッド型の足が延ばせるソファーがあるので、長時間座っていてもつかれません。
それからパソコンが置いてあるのも便利でいいものです。
しかもWebカメラにマイクまでセットしてあるのでライブチャットが楽しめます。
サイトにつなぎIDとパスを記入すれば登録済みの画面が表示されお好みのチャットガールを選択することが可能です。チャットが出来る状態であればその旨表示があり中には覗きOKとかの表示もあります。
これは他の人がチャットをしているのを後ろから見るようなもので、会話を交わすことや自分の画像を相手に表示することはできません。2ショットというシステムを使えば相手との会話も可能で自分の画像を表示することもできます。
チャットガールの中にはエッチな格好、ヌードなどを見せる娘もいるので、その方面が希望であればリストに表示があるのでそれを選ぶだけです。大事なところまで見せて来るかどうかは彼女との駆け引き次第ですが、お互いをするような要領でやればその流れで見せてくれるかもしれません。
それに驚いたことにお互いに恥ずかしい恰好を晒したにも関わらずこれから出会えませんかと誘われることもあると言います。擬似セックスでは満足できないというのでしょうか。それとも出会いが目的で仕掛けて来たのか女心は解らないものです。
いや男にだって出会うためのテクニックをたくさん持っている人はいると聞きます。
今どきのテレクラは個室でただ女からの電話を待つだけではありません。色々な遊びがあり、発想次第では大いに満喫できるようです。

テレクラから出会いたい!テレクラの利用の仕方とは

テレクラは一時的に衰退したものと考えられもしましたが、最近ではまた注目をあびるようになりました。直接電話でやりとりができるため安心でき、また出会いのスムーズに進みやすいからとも言えます。もちろん、出会いではなく会話だけだったり、テレフォンセックスなんていうこともありますが、それでもメールでの無機質な感じより楽しめるという声も聞かれます。テレクラの利用も決して悪ぃのではありません。
では、テレクラを利用したいとなった場合、どうやればいいのかみていきましょう。もここでは店舗へいくというやり方です。店舗へ行ったら、まず店員の説明をしっかり聞きましょう。あとから、お金を払うときにトラブルになるかもしれないからです。また、違うなと感じたら、また次回来ますと言ってすぐに帰ることも大切です。
説明を聞いたら実際に個室で女性からの電話を待ちましょう。今は女性からの電話を早くとればいいというシステムをとっておらず、店員が順番よく回したり、またタイプにあう男性に振り分けたりしています。これも入店時に確認しておきましょう。あとは、時間です。1時間のコースからロングコースや早朝コースや深夜コースなどのコースもあります。事前に下調べしておくといいでしょう。
テレクラ利用は難しいことはありませんので、安心して利用してみましょう。

女性がテレクラを利用する理由とは

男性がテレクラを利用するのは、やはり出会いやセックス、または恋人を探しているという理由がほとんどでしょう。テレクラでは、こうしたことが実現できると期待している男性も大勢います。では、女性のほうはどうなのでしょうか。その理由を知ることは、女性へのアプローチをどうするかにも役立ちます。理由についてみていきましょう。
まずは、男性と同様に出会いを求めてということがあります。恋人や友達から、セフレもあります。また、女性の中には食事をおごってもらいたいだけだったり、何か買ってくれるのを期待しているといったケースもあります。また、時間潰しに会ってということもあり、セックスは嫌だという女性も少なくありません。男性のように出会い=セックスという考えだけではありません。これを頭に入れておかないと出会ったのにセックスされてくれない、食事だけでつまらなかったなんてなります。
また、出会いは嫌だが時間潰しに利用した、誰かと話をしたかっただけという場合もあります。もしあなたが出会いを優先したいならば、こうした女性に構うのは時間もお金もロスになるでしょう。
あと、テレフォンセックスをしたいもいう女性もいますが、なかなか繋がらないかもしれません。
こうした女性の理由を頭に入れて、アプローチをしてみてはいかがでしょうか。